自己管理のダイエットは挫折、でもサポートがあれば5倍の成果が出せる!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎回、挫折から這い上がる方法

特に、食べ過ぎた後に、ダイエットを決心する人が多いのですが、大抵は挫折します。

なぜ、食べる前に、宣言できないのでしょうか?

食べたいと言う欲求が、ダイエットよりも勝っているからです。

普通の生活をしていた人が食欲を抑えるには、並々ならぬ強い精神力が必要になります。

ダイエットの成果は、精神的な部分が多くを占めていると言えるのです。

では、もし、スポーツや、勉強のように、コーチや、家庭教師がいたら、ぐっと成功に近づきますよね。

これまで、いろいろなダイエット方法を試すものの長続きしなかった人も、二人三脚で、人から管理されると、案外、精神的に乗り切れるものです。

あなた一人のために、ダイエット習慣の管理をしてくれる、そんなサポートをしてくれるサービスをご紹介します。

今すぐ、クリックして、どんな内容なのかを確認してみてください。





スポンサーサイト

ダイエット方法の効果は、人それぞれ異なる

世の中の若い人たちは、今や男女の違いを問わず、その多くがもっとやせたいと願っているのではないでしょうか。テレビやグラビアで見るタレントさんに憧れたり、欲しい洋服サイズだったり、特に女の人はいつもそんなアンテナを張っているように思います。日本の女性は世界の中では、やせているという言葉にとても敏感で、他の国の人から見ると決して太っていないようなのに、やせたいと願っていることを不思議に思われているようです。

そんな女性の願望に比例するように、世の中には様々なダイエットの情報があふれていますが、中には危険性があるようなものも存在しています。健康的なプロポーションが、本来の姿なのにも関わらず、氾濫するダイエット情報の中で何が大切なのかを見失っていることも少なくないようです。

食べることは太ることだという一種の脅迫感が身についてしまい、病気につながるということもあるようです。食べてやせるということは、なかなかできないと思われてしまいがちですが、決して実行不可能なことではありません。

自分が実際に太っているのかどうかを、はっきり数字に出して調べるために、BMI指数という肥満度指数を求める計算式を利用するといいでしょう。この計算式は、BMI指数=体重(Kg)÷(身長m×身長m)で表され、これで自分の肥満度をはっきりと知ることができるでしょう。肥満度の判断の仕方は、20以下は痩せている人で、24以下は標準、26.5以下はやや肥満、26.8以上は肥満というように判断します。

自分のタイプを理解したうえで、それに合ったダイエットの仕方を考えましょう。やせすぎは決して魅力的ではないということを、頭に入れておくようにしましょう。

ダイエットの落とし穴

ダイエットを成功させたいばかりに摂取カロリーの総量を抑える、食事を抜く、等の食生活を続けるとひいては栄養までもを不足させ、深刻な四肢の冷えを誘発する事は、何度も問題視されていることです。

より美しい体系をと願っている人が様々なダイエットにチャレンジすることにより、がんばってスマートな体を作り上げていくことは結構なことでしょう。

しかし、いたるところにダイエット情報は氾濫していて、それに踊らされ、ひたすら痩せたいと思うあまり本来の健康的な体のイメージを見失ってしまう恐れは確かにあります。

たいした知識もなく、ちょっと聞いただけのダイエット方法をうのみにし、安易にダイエットに走ってしまうことは、実は大変危険なことなのです。

儲けるためであれば、世の中にはいとも簡単に人をだましたり利用したりする人もいるのです。
なんとかいいダイエット法を見つけたいという人の心理を利用して、偽ダイエット情報で儲けることを考えるような人は、確かに存在しているです。

ダイエットに関する情報には、痩せたい人のための方法はもちろんですが、その被害に関する報告や警告も驚くほどあることに気づきます。ダイエット食品やダイエットツールによる健康被害、エステサロンへの被害訴訟なども後を絶たちません。被害にあった人が大勢いて、被害者の会が存在しているものさえあるのです。

またブラジルスーパーモデルがダイエットのしすぎで体が弱り、死亡したというニュースは、ダイエットをしている人に限らず、ショッキングな事実だったと思います。この事件をきっかけにして、モデルのスレンダーすぎる傾向を見直そうという風潮に変わってきています。

ダイエットをして痩せたいという思いが強すぎると、ときには恐ろしい結果を導くことにもなるということです。どんどんエスカレートして正常な審美眼や精神をも蝕んでしまうダイエットの落とし穴があるということを、私たちは決して忘れてはならないのです。

ダイエットとは、体脂肪率を戻すこと

やせたいと思っている人は世の中にたくさんいますが、正しいダイエットとはどういうものなのでしょうか。体重計に乗ってその数値が減っていると喜んでしまいがちですが、それが本当のダイエットとはいえないのです。

本来のダイエットの目的は健康的に美しく痩せることであり、またそれを維持することが大切です。第一に「やせる」ということは「体の中の不要な脂肪分を減らす」ということだといえます。

私たちの体を作る3つの成分は水分・固形成分・脂肪です。この成分の割合のバランスが崩れることは身体によくありません。「肥満」というのは食べすぎや運動不足などによってこの脂肪の割合が高くなることで、生活習慣病のもとになってしまいます。見た目が細くてもこの体脂肪が多ければ「肥満」ということになります。

これが隠れ肥満です。体脂肪率を正常に戻すこと。これこそが正しいダイエットの目的だといえます。

体脂肪は脂肪細胞のなかに食べ物から得た糖分や脂肪分のうち消費しきれなかったものが分解・蓄積されてできたものです。小さいときに脂肪細胞の数は決定し、思春期以降に減らすことはできません。

子供の頃の肥満には注意が必要です。それは体脂肪が多いか少ないかは脂肪細胞と関係するからです。
やせたいと思ったらまずは体脂肪の増加を抑えることを目標にしましょう。それによって病気を防ぐことにもなるのです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。